自分に自信が持てない人へ 自信を持つための4つの方法

自信を持つためには、自分をほめる

  • 人からほめられる機会が多いと、「自分はかけがえのない存在だ」と無意識のうちに自分を肯定し、自分に自信が持てる。
  • しかし、大人になると人からほめられる機会が少なくなる。その結果、自分を無意識に肯定する感覚・考え方を忘れてしまいがちになり、自信がなくなっていく。
  • 自分を肯定する考え方を取り戻すには、毎日「私はよくやっている。」と、自分をほめるようにするといい。
  • 自分に対して「おつかれさま」「よくがんばったね」「私ってすばらしい」とプラスの言葉をかけることで、自分を大切に考えられるようになる。その結果、自信を持つことができる。

(参考文献 「考え方のクセ」を変えるとストレスはなくなる)

自分を卑下する言葉を使わない

  • 自分に自信を持つためには、自分を卑下する「どうせ」「だって」「自分なんて」「無理」という言葉をできるだけ使わないようにすることが大事。
  • 自分を卑下する言葉を口にすることは、自分で自分に「ダメ出し」をしているのと同じこと。自分に「ダメ出し」をするたびに、自分で自分の価値を下げてしまう。その結果、ますます自信がなくなってしまう。
  • 自分が情けなく思うことがあったとしても、できるだけこれらの言葉は使わないようにすることが大切。

(参考文献 自分を100%好きになるシンプルな習慣 小さなことからあなたが変わる!)

鏡の前に立ち、自分で自分を励ます

  • 鏡の前に立ち「やれる!できる!大丈夫!」と自分に言い聞かせれば、自信を持ち続けることができる。
  • 「いまの自分を認めてあげる」「鏡の前で、自分を励ます」ようにするだけで、人はだれでも「自信がある人」に変われる。

(引用 100%好かれる1%の習慣)

自分に暗示をかける

  • まず、自分が安心できる場所に行く。次に、目標物を決める。携帯電話、鉛筆、消しゴムなどといった動かないもの、意味をなさないものを選び、そこだけを見続ける。
  • しばらくすると、左右の隅の視界がグーッと広がり、ぼんやりとしてくる。これが催眠状態。
  • 催眠状態になったらゆっくりと目をつぶり、「私は自信にあふれている」と7回つぶやく。言い終わったら、ゆっくりと目を開けて終了する。
  • これを毎日続けることで、自分に自信を持つことができる。

(参考文献 自由自在に自分を操る!1分催眠法)

Top